HOME > 医療法人小林会 > ごあいさつ/各施設のご案内

医療法人小林会

ごあいさつ

社会福祉法人恵春会理事長

医療法人小林会
 理事長
  小林 佳之

 医療法人小林会は、小林病院及び介護老人保健施設桔梗苑を基として、地域の皆様を中心に各事業を運営しております。法人の理念である人間尊重の精神と人間平等の思想で、地域の皆様から信頼され愛されるよう、職員が日々一丸となって取り組んでいるところです。
 私どもは、地域の皆様の多様なニーズに対応するべく、住み慣れた地域の中で保健、医療そして福祉が途切れることのないサービスとして提供されていくことこそ、我々の使命と考えております。また、幅広い世代に対応した外来診療、リハビリテーションを展開するとともに、企業、学校健診や介護予防事業等をとおして、地域の皆様と触れあえる環境づくりにも努めて参ります。地域の医療そして高齢者の生活機能向上リハビリテーション施設の中核として更なる向上を目指し、全力で進んで参りますので、今後ともよろしくご指導いただきますようお願い申し上げます。


各施設のご案内

小林病院

所在地/事業内容

所在地

〒861-4203
熊本県熊本市南区城南町隈庄574
 TEL:0964-28-2025
 FAX:0964-28-5342

小林病院外観
事業内容

・外来診療
・薬剤指導
・訪問診療/訪問看護
・健診事業
・通所リハビリテーション

・リハビリテーション
・栄養指導
・医療福祉相談
・居宅介護支援事業所

基本理念・基本方針

基本理念

人間尊重の精神と人間平等の思想で、すべての人の健康と幸福を願い、地域医療に貢献する

基本方針

1 患者様の権利をプライバシーを尊重します
2 地域の皆様のニーズに応え、信頼され、愛される病院を目指します
3 職員は自己研さんに務め、良質で安全な医療を提供します
4 医療機能の整備と、経営の安定に努めます

患者の権利と責務

患者の権利

当院では、医療行為が患者さん中心に行われるべきものであると深く認識し、以下の5項目を患者の権利と制定し、これを日常の医療行為の規範とすることを宣言いたします。

1 個人の尊厳が尊重されっる権利

誰もがひとりの人間として、その人格、価値観などを尊重される権利があります。

2 良質の医療を平等に受ける権利

経済的、社会的地位・性別・障害の有無に関わらず、平等に良質な医療を受ける権利を有します。

3 十分な説明を受ける権利

自らの状況を理解するために必要な情報を、理解しやすい言葉や書面で説明を受ける権利があります。自らの診療録の開示を求める権利があります。

4 自己決定の権利

十分な説明をうけたうえで、自己の自由な意思に基づいて、治療方法を選択し、治療を受け、拒否する権利があります。

5 個人のプライバシーが守られる権利

診療に関する個人情報や自分のプライバシーが厳正に保護される権利があります。

患者の責務

1 本院の規則を遵守し迷惑行為は慎んでください。
2 ご自身の健康状態について、できる限り正確にお話しください。

3 適切な医療方針を決めるために、ご自身の意思や意見を伝えて

ください。

4 治療方針をご理解のうえ、ご協力ください。

5 ご加入の保険を正確に伝え、受けた医療に対する医療費をお支払い

ください。

沿革

昭和32年1月小林家第9代小林久雄が医療法人小林会を設立。
初代理事長となる。小林医院を開設。
昭和36年8月第2代理事長 小林麟也 就任
昭和42年4月診療所より病院に改組し、小林病院を設立。27床。
昭和44年7月48床に増床。
昭和48年7月60床に増床。
昭和53年3月70床に増床。
平成10年5月2年6ヵ月の工期を経て全面増改築を行い、療養型病床群として竣工。
平成10年9月第3代理事長 小林明子 就任
平成11年11月介護保険法施行に伴い、指定居宅介護支援事業所開設。
平成12年4月介護保険法実施に伴い、介護療養型医療病床36床設置。
平成17年8月地域密着型サービス デイサービスまんまくまんしょ事業開始。
平成28年10月熊本地震による被害に伴い、地域密着型サービス
デイサービスまんまくまんしょ事業終了。
平成30年4月1年5ヵ月の工期を経て、新診療棟、病棟が竣工。
平成30年11月第4代理事長 小林佳之 就任
平成31年4月通所リハビリテーション事業開始。

介護老人保健施設 桔梗苑

所在地/事業内容

所在地

〒861-4215
熊本県熊本市南区城南町沈目1481
 TEL:0964-28-6811
 FAX:0964-28-6222

桔梗苑
事業内容

・入所
・医療福祉相談
・ショートステイ(短期入所)
・通所リハビリテーション

基本理念・基本方針

基本理念

人と心の理解(ふれあいと思いやりの精神)

基本方針

1 今日を大切に入所者の処遇最優先
2 個人のニーズに応える積極的努力
3 地域老人福祉の発展への協力
4 専門職としての独立性と協調性の強化
5 独創的発送と実行力
6 桔梗苑職員としての誇りと自覚を以て職務専念

沿革

平成元年5月老人保健施設桔梗苑開設。90床。
デイケア定員10名開始。
平成2年4月城南町在宅老人デイサービス入浴・サービス事業開始。
平成2年8月痴呆性老人加算16床承認。
平成3年2月全国老人保健施設実地研修会場として研修生受入れ開始。
平成3年12月園田博之厚生政務次官新任視察。
平成5年6月デイケア定員20名に変更。
平成5年9月福島譲二県知事高齢者のお祝いに来苑。
平成10年3月デイケア定員24名に変更。
平成12年4月介護保険制度実施に伴い、介護老人保健施設に改称。
デイケアは通所リハビリと改称。